TREATMENT シミ・肝斑 とは

シミとは、皮膚の奥にメラニンが蓄積されることで地肌よりも地肌よりも濃く見える部分のことをいいます。 通常メラニン色素は、肌表面のターンオーバーにより垢とともに剥がれ落ちるため、肌の色は一定に保たれますが、長年の紫外線ダメージが蓄積することでメラニンが過剰に生成されターンオーバーが間に合わなくなると、シミとなり肌表面に現れます。

シミと肝斑の違い、ご存知でしょうか?

  • シミ
    紫外線にあたりやすい部位(顔や腕、手の甲、肩など)に多くでき、直径数mm~数cmの斑状の色素沈着です。紫外線と因果関係が大きく、紫外線を浴びた量が多いほどできやすく、また、紫外線によって悪化します。
  • 肝斑
    30代後半~40代以降の女性に多く見られる色素沈着で、両頬や口まわり、鼻の下などに左右対称で広範囲にできるのが特徴です。女性ホルモンの影響を受けるため、妊娠中に発生することがあります。肝斑も紫外線により濃くなり悪化します。

Q&Aシミ・肝斑について

Q:シミや肝斑を防ぐために大切なことは何ですか?

A:シミを防ぐためにはまず紫外線対策が重要です。日常的に日焼け止めクリームや飲む日焼け止めで日焼けをしない対策を行ってください。また、メラニンの過剰生成や蓄積を防ぐために日頃の肌ケアも重要です。

Q:水光注射はどのようなものですか?

A:皮膚の内側にヒアルロン酸を始めとした、美容成分を注射することで、保水力の改善や、美白成分など直接取り込み、効果を期待する施術です。

Q:ヒアルロン酸注射との違いは何ですか?

A:ヒアルロン酸は形成目的に水光注射の薬剤より硬く、水光注射の成分はさらさらとして吸収しやすいものになります。

Q:1回で効果がありますか?

A:薬剤により異なりますが、注射後1,2日で効果があります。老化が日々行われますので3週間に1度など繰り返しの治療をおすすめします。

Q:施術の時間はどのくらいかかりますか。

A:注射ですので、1か所20分程度です。

Q:副作用はありますか?

A:体に安全な成分ですので副作用はほとんどありません。まれに細い血管の内出血がありますが、2-3日で改善されますし、お化粧でカバーできます。



ページトップへ戻る

お気軽にご予約・ご相談ください