詳しく見る

TREATMENT ボツリヌストキシン注入とは

ボツリヌストキシン注入とは、ボツリヌス菌がつくりだす天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)成分を筋肉に注射する施術方法です。ボツリヌストキシンを筋肉に注入することで、筋肉の働きを抑制することが出来ます。ボツリヌストキシンは眼科や神経内科で、眼瞼・顔面痙攣などの治療に用いられてきました。
フィラークリニックでは、ボツリヌストキシンでの「シワ治療」「小顔効果」「たるみ改善」「部分痩せ」などの美容療法を行っております。

Q&Aボツリヌストキシン注射について

Q:ボツリヌストキシン注射はどのようなものですか?

A:エラが発達した部分や、表情筋によるしわなどに、ボツリヌス毒素を有効成分としたボツリヌストキシン注射で筋肉を弱めて小顔効果やシワ消しを引き出す施術です。

Q:注射は痛いですか?

A:部位や注入量によりますが、痛みがある施術もございます。麻酔も注射・クリームとご用意しておりますので、痛みに弱い方はご相談ください。

Q:1回で効果がありますか?

A:1回でも効果は期待できますが、個人差があります。広範囲の場合は2,3回程度の施術をおすすめします。

Q:施術の時間はどのくらいかかりますか。

A:注射ですので、1か所10分程度です。

Q:副作用はありますか?

A:副作用はほとんどありません。まれに細い血管の内出血がありますが、ほぼ翌日から数日で改善されますし、お化粧でカバーできます。



ページトップへ戻る

お気軽にご予約・ご相談ください