体内のヒアルロン酸は加齢と共に減っていく?ヒアルロン酸を増やす方法とは

体内のいたるところに存在するヒアルロン酸

私たちの体内には、生まれた時から様々な箇所にヒアルロン酸が存在します。
肌、目、関節、動脈、脳など。その中でも肌、目、関節部分に多くのヒアルロン酸が含まれているのです。 よく、加齢と共に肌の潤いが失われたり、膝を曲げる度に関節が痛むような話を聞くことがありますよね。 これは、体内のヒアルロン酸が減っていることが原因でおこる現象なのです。
そして、残念なことに減ってしまったヒアルロン酸は、自然に増えることはありません。身体の外からヒアルロン酸を含む食品等を体内に取り入れる必要があるのです。

ヒアルロン酸は食べ物から摂取できる!

ヒアルロン酸は、自然に増えることがないとお伝えしましたが、ヒアルロン酸を含む食べ物を積極的に食べることで、体内のヒアルロン酸を増やすことができます。 ここでオススメの食べ物をご紹介したいと思います。

まずは動物性のものに注目しましょう。
鶏の軟骨、豚足、手羽、魚の目玉、フカヒレ、カレイ、鶏のトサカ、ウナギなどが挙げられます。 それだけではなく、オクラ、納豆、とろろなどネバネバしたものにもヒアルロン酸は含まれます。
動物性の食品の場合、気軽に摂取しにくいものもありますので、比較的手に入れやすい納豆やオクラなどを毎日の食事に取り入れるとよいでしょう。

サプリメントで補う

ヒアルロン酸を含むサプリメントを摂取するのも一つの方法としてオススメできます。
ただし、注意しなければならないのが、サプリメントがそのまま体内でヒアルロン酸として残るわけではないということです。 胃酸で分解されてしまうため、多少しか残らないと覚えておく必要があります。

つまり、サプリメントだけに頼ることはあまり望ましくないということです。 それならば、ヒアルロン酸を含む食品を積極的に取り入れて、+αのアイテムとしてサプリメントを摂取する方法をオススメします。

ヒアルロン酸注射を打つ

最も効果が期待できる方法として挙げられるのが、ヒアルロン酸注射をすることです。
ヒアルロン酸注射の最大の強みは、ヒアルロン酸の成分を直接体内に取り入れられること。 もちろん、一度の施術だけで永久的に効果が持続するわけではなく、だんだんと体内からヒアルロン酸は無くなっていくため、定期的に続けることが必要になります。

また、費用もかかるため、維持するのが難しいと考える方もいるでしょう。
しかし、効果が高いことに間違いありませんので、体内のヒアルロン酸を増やす方法として、ヒアルロン酸注射を検討してみるのも良いかもしれません。


≪~この記事関連のおすすめメニュー~≫
■ プチ整形

(涙袋、唇、鼻、頬(ほほ)、エラ、あご)
■ エイジング
(ほうれい線(法令線)、眉間、目尻、しわ、唇、美白、ハリ、潤い)

おすすめコラム

■タイプ別!しわの原因と解消方法

■おでこのしわやたるみを自分で改善!簡単セルフケアのご紹介

■ハリのある肌はボツリヌストキシン治療で取り戻そう!



■フィラークリニックのヒアルロン酸メニューは>>こちら💓

これまで治療が難しかった目元の薄い皮膚でも、皮膚を切開することなくしわ・たるみを改善します。メスを使わない治療であり、しかもダウンタイムがなく、目の周りのしわに効果を発揮。これまで難しかった目の下の細かいしわの改善にも効果が期待できます。


  • お友達登録やフォローいただくとお得な情報が届きます♪

FEATUREフィラークリニックの特徴

①低コスト

  • 専門クリニックだから余計なコストを削減して低価格で施術を提供します。

②熟練した医師の技術

  • ヒアルロン酸やボトックスは、薬剤の種類も注入する技術も異なります。当院は顔だけに特化することで、医師の技術力を高めています。

③豊富な種類の薬剤

  • ヒアルロン酸は特に、硬さ柔らかさ、麻酔入り、持続性や成分の違いで多種多様。ドクターと相談の上、お客様自身にお選びいただけます。

④手軽に通える

  • ネイルサロンや美容室に通うように手軽に施術を行えます。

⑤安全性

  • フィラークリニックでは溶解されないヒアルロン酸の取扱はしておりません。また、常に数種類の溶解剤を用意し万が一の場合にも備えております。

⑥アフターケア

  • 治療後にご心配な事があれば患者様専用の相談LINEにて相談を承ります。なお、検診については無料で承ります。

このページの監修医師

院長プロフィール

フィラークリニック技術指導医
麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

【経歴】
1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2019年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師を拝命

【主な所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会

ページトップへ戻る