なんとかならないの?目の下のたるみの解決方法

自分ではなかなか解決できない目の下のたるみ

年齢が出やすいデリケートな目元。
印象や雰囲気、年齢をたった1秒で判断できてしまうのが目元という事もあり、一生懸命大切にケアしてきたけれど、なんだか最近パッとしない。 もしかしてたるみがでてきてしまった?などと考えることはありませんか。 目元はクマやくすみ、むくみなどが現れやすい箇所でもあるので、いつまでもフレッシュな印象を与えられるように保つには、プロの力に頼ることも大切です。
では、実際にたるみに効果のある施術にはどのようなものがあるのでしょうか。

大人気のボツリヌストキシン

目の下のお悩みに大人気なのがポピュラーなメニューになっているボツリヌストキシンです。
ハリウッド女優ではボツリヌストキシンをしていない人はほとんどいないのでは?などと言われている程で、美意識の高い人にはとても人気のメニューです。
昨今ではクリニックのメニューの中でも安価になってきていることもあり、年齢を感じ始めた方にとっては取り入れやすい施術のひとつになってきています。
特に、目元のたるみはお顔の印象をガラッと変えてしまうものなので、少し気になり始めた頃位から対策ができると良いです。まずは鏡で目元をよくチェックしてみましょう。

そもそもボツリヌストキシンってどんなもの?

なんとなくボツリヌストキシンについて聞いたことがあるけど、ボツリヌス菌を使っているなんてなんだかちょっと怖いような気がする。
そもそも安全なの?などと不安に思う方も多いのではないでしょうか。大前提としてお話すると、ボツリヌストキシンの安全性は確立されているので心配する必要はありません。

また、ボツリヌストキシンの効果のしくみは単純明快。ボツリヌストキシン注射をした箇所の筋肉の動きを麻痺させる事で、しわやたるみなどを効果的に目立たなくすることが可能になるのです。
また、数ヶ月で効果が薄れてくるものなので、強いものではないという点も安心できるポイントです。

目元はデリケートな部分。施術に痛みはあるの?

ボツリヌストキシンは注射を用いて行う施術方法なので、まったく痛みがないというわけではありません。
しかし、施術を受ける方が不快感を覚えずに済むよう、それぞれに必要な麻酔を使用しますので、心配する必要はありません。
痛みに弱いという方でも事前にドクターにその旨を伝えることで、適切な麻酔を使用して施術を受けられます。
施術後のダウンタイムも少ないので働く女性でも週末に施術を受けることができるのも嬉しいポイントです。 たるみが気になりだしたら、まずはクリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。


≪~この記事関連のおすすめメニュー~≫
≫クマ
≫たるみ

おすすめコラム

■たくさん選べる!アンチエイジングに良いサプリを積極的に摂取しよう。

■目指せ若見え!顔たるみの改善方法

■毎日の積み重ねが大事!目の下のたるみに効果的な3つのエクササイズとは?



■フィラークリニックのエイジングメニューは>>こちら

これまで治療が難しかった目元の薄い皮膚でも、皮膚を切開することなくしわ・たるみを改善します。メスを使わない治療であり、しかもダウンタイムがなく、目の周りのしわに効果を発揮。これまで難しかった目の下の細かいしわの改善にも効果が期待できます。


  • お友達登録やフォローいただくとお得な情報が届きます♪

FEATUREフィラークリニックの特徴

①低コスト

  • 専門クリニックだから余計なコストを削減して低価格で施術を提供します。

②熟練した医師の技術

  • ヒアルロン酸やボトックスは、薬剤の種類も注入する技術も異なります。当院は顔だけに特化することで、医師の技術力を高めています。

③豊富な種類の薬剤

  • ヒアルロン酸は特に、硬さ柔らかさ、麻酔入り、持続性や成分の違いで多種多様。ドクターと相談の上、お客様自身にお選びいただけます。

④手軽に通える

  • ネイルサロンや美容室に通うように手軽に施術を行えます。

⑤安全性

  • フィラークリニックでは溶解されないヒアルロン酸の取扱はしておりません。また、常に数種類の溶解剤を用意し万が一の場合にも備えております。

⑥アフターケア

  • 治療後にご心配な事があれば患者様専用の相談LINEにて相談を承ります。なお、検診については無料で承ります。

このページの監修医師

院長プロフィール

フィラークリニック技術指導医
麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

【経歴】
1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2019年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師を拝命

【主な所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会