たくさん選べる!アンチエイジングに良いサプリを積極的に摂取しよう。

内側からも効果的にアンチエイジングを

サプリ摂取の文化が日本でも定着し、子供用のサプリまで登場する程になってきています。 そんなサプリの中でも特に注目したいのがアンチエイジングに特化したサプリメントです。 アンチエイジングに良いとされる成分はたくさんあり、毎日何種類も摂取しているという方もたくさんいるようです。

また、アンチエイジングだけでなく、美肌効果を併せ持っているものが多いので一石二鳥を狙えてしまうというのも大きなポイント。 20代からでも摂取をオススメしたいアンチエイジングサプリ。 今日からでも摂取を始めていきたい各種美容系サプリについて迫っていきましょう。

お肌ぷりぷりを目指そう!ヒアルロン酸サプリ

ヒアルロン酸は経口摂取では効果がないなどという説もありますが、実際に調査を行ったところお肌の水分量などに変化が見られたという報告がありますので、摂取をオススメしたい成分のひとつです。 お肌の水分量は年齢とともに減っていってしまうというのは事実です。

また、年齢に関係なくお肌のかさつきが気になるという方は摂取しておくと良いのではないでしょうか。
お肌の状態を常に健やかに保っていくということが、いつまでも美しい肌でいる為の重要なカギになってきます。ゆらぎがちなお肌の方にも是非オススメしたいサプリです。

年齢に対抗しよう!アスタキサンチン

抗酸化作用があるということで化粧品にも用いられているアスタキサンチン。
飲むことでもその力を発揮してくれるという点で、アンチエイジングに力を入れたいという方に大変人気のサプリです。
男女ともに人気があるもので、生活習慣が気になっている、という方にもオススメしたいサプリのひとつ。

また、年齢に伴う視界のぼんやり感などにも良いとされていますのでスッキリな視界を目指したいという方にもオススメです。
濃縮タイプも販売されていますので、成分表などをよく見比べた上で購入すると良いでしょう。

ポリフェノールの力に期待大!

アンチエイジング系サプリの中でも大人気のポリフェノール。
食べ物からも積極的に摂取したい成分ですが、なかなかうまく摂取できないというのが現状ですね。
それを補いつつ、身体をイキイキ保つ為にサプリの力を取り入れていきましょう。

ポリフェノールは人気の成分ということもあり、単体での摂取よりも美容系の総合サプリの中に配合されている事も多いです。
総合サプリの中に必要な量が入っていれば他成分も一気に摂取することが可能ですので購入前にネットなどでよく調べておくと良いでしょう。
毎日定期的にサプリ摂取をして内側からさびない体を手に入れましょう。


≪~この記事関連のおすすめメニュー~≫
≫白玉点滴(全身)
≫プラセンタ(美肌、疲労回復)

おすすめコラム

■目指せ若見え!顔たるみの改善方法

■毎日の積み重ねが大事!目の下のたるみに効果的な3つのエクササイズとは?

■これってもしかして・・・ほうれい線?たるみ改善でフケ顔を撃退!



■フィラークリニックのエイジングメニューは>>こちら

これまで治療が難しかった目元の薄い皮膚でも、皮膚を切開することなくしわ・たるみを改善します。メスを使わない治療であり、しかもダウンタイムがなく、目の周りのしわに効果を発揮。これまで難しかった目の下の細かいしわの改善にも効果が期待できます。


  • お友達登録やフォローいただくとお得な情報が届きます♪

FEATUREフィラークリニックの特徴

①低コスト

  • 専門クリニックだから余計なコストを削減して低価格で施術を提供します。

②熟練した医師の技術

  • ヒアルロン酸やボトックスは、薬剤の種類も注入する技術も異なります。当院は顔だけに特化することで、医師の技術力を高めています。

③豊富な種類の薬剤

  • ヒアルロン酸は特に、硬さ柔らかさ、麻酔入り、持続性や成分の違いで多種多様。ドクターと相談の上、お客様自身にお選びいただけます。

④手軽に通える

  • ネイルサロンや美容室に通うように手軽に施術を行えます。

⑤安全性

  • フィラークリニックでは溶解されないヒアルロン酸の取扱はしておりません。また、常に数種類の溶解剤を用意し万が一の場合にも備えております。

⑥アフターケア

  • 治療後にご心配な事があれば患者様専用の相談LINEにて相談を承ります。なお、検診については無料で承ります。

このページの監修医師

院長プロフィール

フィラークリニック技術指導医
麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

【経歴】
1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2019年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師を拝命

【主な所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会