脂肪をトイレに流せる!?脂肪細胞冷却Coolsculpting クルスカ

TREATMENT クールスカルプティング(クルスカ)とは

クールスカルプティングはアメリカのハーバード大学で開発されたアラガン社の痩身医療機器です。
クライオリポリシス*の技術に基づく痩身医療機器で、気になる部位に専用のアプリケーターを装着し、脂肪細胞のみを結晶化させることで脂肪細胞の中の脂肪を20~25%減らすことで、気になるボディラインを美しく整えます。

*クライオリポリシスとは冷凍凝固療法といわれ、皮膚と皮下脂肪層を吸引しながら脂肪のみを4℃まで冷却・冷凍する医療技術です。

アプリケーターにより脂肪を吸引し、一定時間冷却します。

矢印

制御冷却により、脂肪細胞のみにダメージを与えます。

矢印

冷却された脂肪細胞は溶かされ、2-3ヶ月かけて自然に体外へ排出されます。

矢印

排出された脂肪の分の膨らみが減りスッキリします。

★クールスカルプティングが選ばれる理由

アメリカで最も多く行われている痩身治療

※ 2015年American Society for Dermatological Surgery 調べ

世界80カ国以上で導入

※ 2017年3月時点

日本では厚生労働省から承認

※ 2017年「冷却による脂肪減少装置」として承認

切らないからダウンタイムなし

★当院で使用するアプリケーター

♥クールアドバンテージ(Cool Advantage)

部位の曲面にあわせてヘッドを変えて使用します。
・冷却面積=1エリア:8.5×17.4cm
・冷却時間=35分

TREATMENT SITE 施術適応部位

※吸引機器(アプリケーター)で充分に吸引できることが適応条件となります。

PRICEクールスカルプティングの料金

名称 単位 価格(税込)
クールスカルプティング
(クールアドバンテージ)
1エリア 28,900
2エリア同時施術 50,000

※新宿院限定

※1エリア=8.5cm×17.4cm
iPhone12より少し大きいサイズが《1エリア》となります。

Q&Aクールスカルプティングについて

Q:1回で効果はありますか?

A:脂肪の量やつき方は1人1人違ってくるため効果の感じ方には個人差がありますが、1回で冷却部分の脂肪細胞を20~25%減らすことが可能です。部位により推奨するエリア数がございます。カウンセリングでご相談ください。

Q:どのくらいで効果がでますか?

A:施術後2~3ヶ月かけて、少しずつ脂肪細胞が体外に排出されます。

Q:体重や体脂肪率は減りますか?

A:クールスカルプティングは部分痩せを目的とした治療です。効果はあくまでも部分的なものなので体重や体脂肪率の減少はほぼ起きません。

Q:痛みはありますか?

A:アプリケーターを装着する際の吸引圧で、装着部位が引っ張られる感覚や痛みを感じる方もいます。また、冷却後に凍った脂肪細胞をしっかりとほぐすために強めにマッサージを行う際に皮膚をつまみますので若干の痛みを感じます。

Q:ダウンタイムはありますか?

A:切らない痩身治療ですのでダウンタイムはありませんが、吸引冷却をした箇所が赤くなります。(キスマークのような状態)赤みは1週間程で自然に消えてなくなります。

FEATUREフィラークリニックの特徴

①低コスト

  • 専門クリニックだから余計なコストを削減して低価格で施術を提供します。

②熟練した医師の技術

  • ヒアルロン酸やボトックスは、薬剤の種類も注入する技術も異なります。当院は顔だけに特化することで、医師の技術力を高めています。

③豊富な種類の薬剤

  • ヒアルロン酸は特に、硬さ柔らかさ、麻酔入り、持続性や成分の違いで多種多様。ドクターと相談の上、お客様自身にお選びいただけます。

④手軽に通える

  • ネイルサロンや美容室に通うように手軽に施術を行えます。

⑤安全性

  • フィラークリニックでは溶解されないヒアルロン酸の取扱はしておりません。また、常に数種類の溶解剤を用意し万が一の場合にも備えております。

⑥アフターケア

  • 治療後にご心配な事があれば患者様専用の相談LINEにて相談を承ります。なお、検診については無料で承ります。

このページの監修医師

院長プロフィール

フィラークリニック技術指導医
麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

【経歴】
1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2019年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師を拝命

【主な所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会

ページトップへ戻る

お気軽にご予約・ご相談ください