ヒアルロン酸で涙袋をふっくらさせて、目元の印象をアップ!
目元がパッチリとしていて、目周りの印象が強い女性は魅力的に見えますよね。 アイメイクや二重テープなどで目元の印象を上げることもできますが、ノーメイクの状態でも目元の印象を高めるためには「涙袋形成」がおすすめです。 下まぶたにふっくらとした涙袋を形成することで、目全体の印象が高まることはもちろん、顔全体が可愛らしい印象になります。 メリットたくさんの涙袋形成について、詳しく掘り下げていきましょう。

そもそも涙袋とは? なぜ涙袋があると目が大きく見えるの?

涙袋の正体とは、眼輪筋(がんりんきん)という目の周りにある筋肉です。 この筋肉が発達することで目の下に膨らみが生じ、涙袋が目立つようになります。眼輪筋の発達は個人によって異なりますが、一般的には年齢が若い人ほど目立つ傾向にあるようです。年齢を重ねるごとに筋肉の働きが低下し、涙袋も目立たなくなっていくケースが多いといわれています。

涙袋があると目が大きく見えるのは、涙袋があることで目の幅が大きくなったように感じさせることができるためです。一重よりも二重のほうが目が大きく見えるように、涙袋があることで目の下幅を広げて見せてくれるのです。

下まぶたに膨らみがあることで、目の印象をより強く引き立てるという効果も期待できます。 また、涙袋があることで目元に凹凸ができ、ハッキリとした顔立ちに見える効果もあります。顔の彫りが深い欧米人が美しく見えるのと同じ理由です。目元に立体感があることで、顔全体にメリハリを与えてくれるのです。

自然な涙袋を手に入れたいのなら、ヒアルロン酸注射を選ぼう!

メイクで作る涙袋はどうしても不自然さが出てしまう
近年では、涙袋を作るメイクが若い女性の間で流行しましたが、メイクで作る涙袋はどうしても不自然さが出てしまうもの。どんなに上手くメイクをしても、本物に近い立体感を生むこともできません。 そこでおすすめしたいのが、ヒアルロン酸注射による涙袋形成治療です。

下まぶたにヒアルロン酸を注入することで、肌の内側からふっくらとした盛り上がりが生じ、自然な涙袋が作れます。メイクをしていないときでも膨らみがしっかりとキープできるので、いつでも目元の印象が高まりますよ。

目元への美容治療というと不安を抱く方もいるかもしれませんが、ヒアルロン酸注射ならたったの数十分程度の治療時間で完了。ダウンタイムも少なく、注入量によって涙袋の大きさを微調整することができます。

万が一仕上がりが気に入らなかった場合、ヒアルロン酸を溶かす薬剤を使って元通りにすることも可能です。はじめて美容治療に挑戦するという方でも、安心して施術を受けていただけます。

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、注入後は時間をかけて体内に吸収されていきます。そのため、アレルギー反応が起こりにくいというメリットもあります。 また、涙袋の存在を継続させるためには、数年に一度程度のスパンで再治療が必要になりますが、そのたびに形や大きさを見直すことができます。より自分に似合う涙袋を追求することができるのです。 若々しく華やかな顔を手に入れるためにも、ぜひ涙袋形成をご検討してみてはいかがでしょうか。


≪~この記事関連のおすすめメニュー~≫
≫涙袋ヒアルロン酸
≫ヒアルロン酸メニュー



おすすめコラム

■気になる!ボツリヌストキシン注射のメリットとデメリットとは!?

■なんとかならないの?目の下のたるみの解決方法

■たくさん選べる!アンチエイジングに良いサプリを積極的に摂取しよう。



■フィラークリニックのエイジングメニューは>>こちら

これまで治療が難しかった目元の薄い皮膚でも、皮膚を切開することなくしわ・たるみを改善します。メスを使わない治療であり、しかもダウンタイムがなく、目の周りのしわに効果を発揮。これまで難しかった目の下の細かいしわの改善にも効果が期待できます。


  • お友達登録やフォローいただくとお得な情報が届きます♪

FEATUREフィラークリニックの特徴

①低コスト

  • 専門クリニックだから余計なコストを削減して低価格で施術を提供します。

②熟練した医師の技術

  • ヒアルロン酸やボトックスは、薬剤の種類も注入する技術も異なります。当院は顔だけに特化することで、医師の技術力を高めています。

③豊富な種類の薬剤

  • ヒアルロン酸は特に、硬さ柔らかさ、麻酔入り、持続性や成分の違いで多種多様。ドクターと相談の上、お客様自身にお選びいただけます。

④手軽に通える

  • ネイルサロンや美容室に通うように手軽に施術を行えます。

⑤安全性

  • フィラークリニックでは溶解されないヒアルロン酸の取扱はしておりません。また、常に数種類の溶解剤を用意し万が一の場合にも備えております。

⑥アフターケア

  • 治療後にご心配な事があれば患者様専用の相談LINEにて相談を承ります。なお、検診については無料で承ります。

このページの監修医師

院長プロフィール

フィラークリニック技術指導医
麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

【経歴】
1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2019年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師を拝命

【主な所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会

ページトップへ戻る