老け顔を改善したい! 頬のたるみを解消してくれるヒアルロン酸の効果
頬にハリや弾力がなくなってたるんでしまうと、顔全体が老けて見えがちです。年齢よりも老けてみられやすいというお悩みがある場合、その原因はもしかすると頬のたるみにあるのかもしれません。 頬のたるみを改善させたい方には、ヒアルロン酸注射がおすすめです。今回は頬のたるみが起きる原因や、頬のたるみを解消してくれるヒアルロン酸の効果について紹介していきます。

頬のたるみが起きる原因とは?

肌のハリや弾力をキープしてくれるコラーゲンやエラスチンは、年齢とともに減少していきます。50代になると20代の頃の半分ほどになり、頬はどんどんたるんでしまうのです。 加齢だけでなく、紫外線などの肌ダメージもたるみにつながります。紫外線の中でもA波(UVA)は、肌の真皮層まで届いてヒアルロン酸やコラーゲンを破壊し、頬のたるみをどんどん加速させます。 さらに、肌の乾燥や代謝の悪さも頬のたるみの原因です。肌にダメージが起きてバリア機能が低下すると、頬がたるんでほうれい線も目立ちやすくなります。

頬のたるみを改善させるのは難しい?

頬のたるみを解消するためには、マッサージをしたり生活習慣を改善したりするのが効果的です。しかし、こういったセルフケアを試したけれど、なかなか頬のたるみが改善しないとお悩みの方もいることでしょう。 頬がたるんでしまう大きな原因は、加齢や肌ダメージによってヒアルロン酸やコラーゲンが失われることにあります。いくらセルフケアをしても、肌内部のヒアルロン酸やコラーゲンの量が不足している状態では、たるみやほうれい線はなかなか改善されないのです。

頬のたるみにはヒアルロン酸注射が効果的

頬のたるみを改善させたいという方には、頬へのヒアルロン酸注射を試してみましょう。たるみが起きている頬にはヒアルロン酸が不足しているため、注入によって補うのが効果的なのです。 ヒアルロン酸の注入は、1ヶ所につき5~10分程度で行えるのでお手軽です。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、副作用やアレルギーが起きる心配もほとんどありません。肌を切除する必要がないため痛みが少なく、傷が残らないのも嬉しいですね。 ただしヒアルロン酸は体内に吸収されていく性質があるため、注入後には少しずつ減少していきます。注入量にもよりますが、ヒアルロン酸は注入してから数ヶ月から半年程度で少しずつ減少するため、ふっくらとした頬をキープしたいのなら定期的に施術を受けるのがおすすめです。

頬のたるみやほうれい線のお悩みを抱えているのなら、ぜひヒアルロン酸注射を検討してみましょう。肌の内部にヒアルロン酸を注入する施術ならば、肌にダイレクトに潤いやハリを届けることができます。「頬のたるみは加齢のせい」とあきらめず、ヒアルロン酸注射でふっくらと若々しい頬を手に入れましょう。


≪~この記事関連のおすすめメニュー~≫
≫法令線
≫リフトアップ

おすすめコラム

■目指せ若見え!顔たるみの改善方法

■毎日の積み重ねが大事!目の下のたるみに効果的な3つのエクササイズとは?

■これってもしかして・・・ほうれい線?たるみ改善でフケ顔を撃退!



■フィラークリニックのエイジングメニューは>>こちら

これまで治療が難しかった目元の薄い皮膚でも、皮膚を切開することなくしわ・たるみを改善します。メスを使わない治療であり、しかもダウンタイムがなく、目の周りのしわに効果を発揮。これまで難しかった目の下の細かいしわの改善にも効果が期待できます。


  • お友達登録やフォローいただくとお得な情報が届きます♪

FEATUREフィラークリニックの特徴

①低コスト

  • 専門クリニックだから余計なコストを削減して低価格で施術を提供します。

②熟練した医師の技術

  • ヒアルロン酸やボトックスは、薬剤の種類も注入する技術も異なります。当院は顔だけに特化することで、医師の技術力を高めています。

③豊富な種類の薬剤

  • ヒアルロン酸は特に、硬さ柔らかさ、麻酔入り、持続性や成分の違いで多種多様。ドクターと相談の上、お客様自身にお選びいただけます。

④手軽に通える

  • ネイルサロンや美容室に通うように手軽に施術を行えます。

⑤安全性

  • フィラークリニックでは溶解されないヒアルロン酸の取扱はしておりません。また、常に数種類の溶解剤を用意し万が一の場合にも備えております。

⑥アフターケア

  • 治療後にご心配な事があれば患者様専用の相談LINEにて相談を承ります。なお、検診については無料で承ります。

このページの監修医師

院長プロフィール

フィラークリニック技術指導医
麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

【経歴】
1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2019年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師を拝命

【主な所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会