目の下のくぼみやクマのお悩みには、ヒアルロン酸の注入がおすすめ!
目の下がくぼんだ感じになったりクマができたりすると、老け顔に見えてしまいます。そんな目元のトラブルを改善するためには、ヒアルロン酸の注入がおすすめです。ヒアルロン酸の注射で目の下をふっくらさせ、明るく若々しい印象を目指しましょう。
今回は目の下のくぼみやクマを改善させてくれるヒアルロン酸注射の効果について紹介します。

目の下のくぼみやクマ、何が原因?

目の下にクマができてしまう原因はさまざまです。 目の下が茶色っぽくくすむ茶クマは、洗顔のときに目元をゴシゴシこすったり、花粉症などで目に負担がかかったりしたときに起こります。目元をこすると色素沈着が起こり、目の下が茶色くくすんで顔色も悪くなってしまうのです。
加齢や肌ダメージによって目の下がくぼんだ感じになる黒クマも、老け顔の大きな原因です。黒クマは肌のハリ不足やたるみが原因で起こるので、スキンケアしてもなかなか改善できません。
睡眠不足や血行不良の状態が続くと、目の下目の下の毛細血管が透けて青白く見えます。この状態を青クマといい、老け顔やお疲れ顔に見られやすくなります。

目の下のくぼみやクマを改善する方法は?

目の下の茶クマや青クマ、黒っぽいくぼみは一度できてしまうと目立ちやすくなり、メイクをしてもなかなか隠すことができません。くぼみやクマを隠そうとしてメイクを厚くすると、目元がぽってりとした不自然な印象になることもあります。また、メイクの成分が目元に刺激を与え、クマがますます濃くなってしまう可能性も考えられるので気をつけたいですね。
目の下のくぼみやクマを改善したいのなら、クリニックで専門家に相談するのがおすすめです。

目の下のトラブルにはヒアルロン酸が有効

目の下のくぼみやクマを解消する方法の1つに、ヒアルロン酸の注入が挙げられます。ヒアルロン酸は肌の内部の潤いやハリをキープしてくれる成分です。加齢や肌ダメージによって失われたヒアルロン酸を目元に注入することによって、くぼみやクマを解消し、ハリのある目元を作ることができます。
ヒアルロン酸は肌の内側に作用し、ターンオーバーを促進してくれる働きがあります。肌のターンオーバーが活発になれば色素沈着や血行不良も改善しやすくなるため、茶クマや青クマも目立ちにくくなるのです。
目の下の皮膚はとても柔らかくデリケートなので、施術には細心の注意を払う必要があります。ヒアルロン酸注射をするのなら、高度な施術ができるクリニックを選びたいですね。

ヒアルロン酸注射には、目元のくぼみやクマを改善してくれる嬉しい効果があります。目の下が落ちくぼんだ感じになっており顔色が悪く見えるという方や、慢性的なクマに悩まされている方は、ぜひヒアルロン酸注射を試してみましょう。ヒアルロン酸の注入で目元の肌トラブルが改善されれば、明るく若々しい表情を手に入れられますね。


≪~この記事関連のおすすめメニュー~≫
≫パンダくま ヒアルロン酸
r>

おすすめコラム

■目指せ若見え!顔たるみの改善方法

■毎日の積み重ねが大事!目の下のたるみに効果的な3つのエクササイズとは?

■これってもしかして・・・ほうれい線?たるみ改善でフケ顔を撃退!



■フィラークリニックのエイジングメニューは>>こちら

これまで治療が難しかった目元の薄い皮膚でも、皮膚を切開することなくしわ・たるみを改善します。メスを使わない治療であり、しかもダウンタイムがなく、目の周りのしわに効果を発揮。これまで難しかった目の下の細かいしわの改善にも効果が期待できます。


  • お友達登録やフォローいただくとお得な情報が届きます♪

FEATUREフィラークリニックの特徴

①低コスト

  • 専門クリニックだから余計なコストを削減して低価格で施術を提供します。

②熟練した医師の技術

  • ヒアルロン酸やボトックスは、薬剤の種類も注入する技術も異なります。当院は顔だけに特化することで、医師の技術力を高めています。

③豊富な種類の薬剤

  • ヒアルロン酸は特に、硬さ柔らかさ、麻酔入り、持続性や成分の違いで多種多様。ドクターと相談の上、お客様自身にお選びいただけます。

④手軽に通える

  • ネイルサロンや美容室に通うように手軽に施術を行えます。

⑤安全性

  • フィラークリニックでは溶解されないヒアルロン酸の取扱はしておりません。また、常に数種類の溶解剤を用意し万が一の場合にも備えております。

⑥アフターケア

  • 治療後にご心配な事があれば患者様専用の相談LINEにて相談を承ります。なお、検診については無料で承ります。

このページの監修医師

院長プロフィール

フィラークリニック技術指導医
麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

【経歴】
1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2019年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師を拝命

【主な所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会