エラ張りを改善して小顔を目指そう!

顔の大きさは遺伝で決まる!?

男女問わず顔の悩みはあると思いますが、顔の大きさは遺伝のせいだと諦めている方も多いのではないでしょうか?

確かに顔の形は、ほとんど骨格で決まります。
そのため輪郭や頬骨・エラなどは先天性の影響が強く、後天的に変えることは難しいとされていますが、 後天的な原因で顔が大きく見られることもあるため、後天的な原因を取り除くことで今より小顔に近づくかも知れません! 数あるお顔の悩みの中でも、今回は「エラ張り」の解消方法ついて紹介していきます。エラは誰にでもありますが、目立たなくなることで顔の印象が違って見えるでしょう。

エラ張りの主な原因

むくみや脂肪のつき過ぎで、顔が大きく見えてしまうということもありますが、エラ張りの主な原因は、咬筋(こうきん)の発達です。
咬筋は噛むときに使う顔の筋肉で固い物を食べることや、歯を食いしばること・歯ぎしりをすることで鍛えられていきます。 脂肪やむくみには、リンパの流れを良くする小顔マッサージなどで効果を得られる場合もありますが、 筋肉の発達の場合、意識的に食いしばることをやめたりストレスを解消することで改善しなければならず、クセなどで習慣になってしまっている方が多いため、一人での改善が難しいとされています。

エラ注射の特徴!

咬筋の発達が原因のエラ張りの場合、美容外科などで行えるボトックス注射やボツリヌストキシン注射などのエラ注射が効果的です。
エラ注射とは、注入した場所の筋肉を一時的に萎縮させて、筋肉を小さくすることでエラを目立たなくする方法になります。
エラ注射は、咬筋の発達によるエラ張りに効果的のため、骨格や脂肪など他のことが原因の場合は効果が期待できません。 自分で確認する際は、奥歯を食いしばった時に耳の下あたりを触れてみましょう。
膨らみが咬筋ですので、大きく感じられる場合はエラ注射で効果が期待できるエラ張りになります。

エラ注射のメリットと注意点

エラ注射のメリットは従来のエラ治療(エラ削りなど)と違い、メスを使わず咬筋に直接注射をするだけなので、短時間で終わり通院の必要もなくハレや痛みが少ないことなどです。
ダウンタイムもほとんどないため、施術当日からシャワーやメイクが許可されており、まれに内出血やハレが起こった場合でもその場のメイクで隠せます。
入浴や激しい運動は血行を良くし、内出血やハレを引き起こす可能性があるので避けた方が良いでしょう。
一回のエラ注射で数ヶ月間は効果が続きますが、咬筋を使いすぎると短期間で戻ってしまうので注意が必要です。


≪~この記事関連のおすすめメニュー~≫
≫えらボト(えら筋肉収縮)
≫ボツリヌストキシンメニュー

おすすめコラム

■手軽に小顔が手に入る!エラ注射で顔がほっそり

■エラが気になるから即解決!?そんな方法があるの?

■ボツリヌストキシンの効果を持続させるために知っておくべき治療周期について



■フィラークリニックの小顔メニューは>>こちら

「顎や輪郭をシャープに整えたい」「面長な顔を小顔にしたい」「えらをスッキリさせたい」「額に丸みが欲しい」「張り出した頬を小さくしたい」フェイスラインの中でもえらやおでこ、顎のバランスなどはダイエットやメイクではなかなか変えることができない部分です。人気のえらボツリヌストキシンは、発達した顎の筋肉を抑制することでスッキリとした小顔効果が期待できます。


  • お友達登録やフォローいただくとお得な情報が届きます♪

FEATUREフィラークリニックの特徴

①低コスト

  • 専門クリニックだから余計なコストを削減して低価格で施術を提供します。

②熟練した医師の技術

  • ヒアルロン酸やボトックスは、薬剤の種類も注入する技術も異なります。当院は顔だけに特化することで、医師の技術力を高めています。

③豊富な種類の薬剤

  • ヒアルロン酸は特に、硬さ柔らかさ、麻酔入り、持続性や成分の違いで多種多様。ドクターと相談の上、お客様自身にお選びいただけます。

④手軽に通える

  • ネイルサロンや美容室に通うように手軽に施術を行えます。

⑤安全性

  • フィラークリニックでは溶解されないヒアルロン酸の取扱はしておりません。また、常に数種類の溶解剤を用意し万が一の場合にも備えております。

⑥アフターケア

  • 治療後にご心配な事があれば患者様専用の相談LINEにて相談を承ります。なお、検診については無料で承ります。

このページの監修医師

院長プロフィール

フィラークリニック技術指導医
麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

【経歴】
1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2019年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師を拝命

【主な所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会