手軽に小顔が手に入る!エラ注射で顔がほっそり

小顔になりたい願望と不安要素

小顔になりたい願望を抱く女性が増えている昨今、注目を浴びているのがエラ注射によるボツリヌストキシン施術です。
顔がむくんで見える、顔が大きい、エラが張っているなどといったこれまでのコンプレックスから解放されたいと願う女性が非常に多いのが現状です。
周囲の目が気になり、人知れずこっそりと施術を受けたいなどといった要望や、小顔を手に入れたい一方で、施術による副作用や影響、安全性など不安や心配もあることでしょう。
こうした、不安や心配要素も専門医師による丁寧なカウンセリングによって解消しながら、エラ注射の施術を検討してみてはいかがでしょうか。

エラ注射とは?

メスを使用せずにエラに注入する輪郭注射を指しますが、主たる成分はタンパク質の一種のボツリヌストキシン、ボトックスなどで筋肉収縮を弱める働きがあります。
プチ整形として人気のエラ注射は、エラが張っているなどエラの筋肉が発達して顔が大きく見える症状に効果が期待出来ます。
エラに注射を注入するだけで、あご周りのラインがスッキリと細く、小顔になれるといったようにかなり効果的な輪郭注射です。
筋肉の収縮を抑制させて、しわを作らないといったことにも効果があります。1カ月程度で効果が現れるために、徐々に自然体で小顔になることが出来ます。

施術後のダウンタイムと症状は?

施術後のダウンタイムはほとんどないと言って良いでしょう。施術による腫れや内出血などの症状は出ないので日常生活に支障はありません。施術後、クリニックから帰宅の際はメイクを施して帰れるほどです。

ただし、エラ注射の注入跡に赤く炎症が出ることがありますが数日で治まるので大丈夫です。効果は、1カ月程度で現れるほどゆっくりと効果が見えてきます。 周囲からは、いつのまにか小顔になっているといったように、自然と痩せたと思われます。
また、効果の持続期間が半永久的ではなく、数カ月程度ですので継続して小顔効果を得たい場合は、繰り返しエラ注射の施術を受けることをおすすめします。

エラ注射で手軽に小顔が手に入る!

以上の説明のように、エラ注射はエラ部分の咬筋と呼ばれる筋肉に注射を注入することで筋肉収縮を弱まらせ、薄くすることで張っているエラを解消して小顔にしていきます。 メスを用いて、身体を切ったりしないので手軽に取り入れられる小顔プチ整形です。
エラの筋肉量にも個人差があるため、効果的な施術は専門医師によるカウンセリングによって施術方法が決定することでしょう。
信頼出来るクリニックは、必ず丁寧なカウンセリングを行っています。
施術の安全性や術後の経過、効果の期待度と持続性など不安要素は、専門医師にすべて相談しながら迷いなく施術を受けることをおすすめします。


≪~この記事関連のおすすめメニュー~≫
≫えらボト(えら筋肉収縮)
≫ボツリヌストキシンメニュー

おすすめコラム

■気になるエラ。ボツリヌストキシンで解決ができるの?

■ボツリヌストキシン治療を受ける前に不安要素を解消しよう!

■エラ張りを改善して小顔を目指そう!



■フィラークリニックの小顔メニューは>>こちら

「顎や輪郭をシャープに整えたい」「面長な顔を小顔にしたい」「えらをスッキリさせたい」「額に丸みが欲しい」「張り出した頬を小さくしたい」フェイスラインの中でもえらやおでこ、顎のバランスなどはダイエットやメイクではなかなか変えることができない部分です。人気のえらボツリヌストキシンは、発達した顎の筋肉を抑制することでスッキリとした小顔効果が期待できます。


  • お友達登録やフォローいただくとお得な情報が届きます♪

FEATUREフィラークリニックの特徴

①低コスト

  • 専門クリニックだから余計なコストを削減して低価格で施術を提供します。

②熟練した医師の技術

  • ヒアルロン酸やボトックスは、薬剤の種類も注入する技術も異なります。当院は顔だけに特化することで、医師の技術力を高めています。

③豊富な種類の薬剤

  • ヒアルロン酸は特に、硬さ柔らかさ、麻酔入り、持続性や成分の違いで多種多様。ドクターと相談の上、お客様自身にお選びいただけます。

④手軽に通える

  • ネイルサロンや美容室に通うように手軽に施術を行えます。

⑤安全性

  • フィラークリニックでは溶解されないヒアルロン酸の取扱はしておりません。また、常に数種類の溶解剤を用意し万が一の場合にも備えております。

⑥アフターケア

  • 治療後にご心配な事があれば患者様専用の相談LINEにて相談を承ります。なお、検診については無料で承ります。

このページの監修医師

院長プロフィール

フィラークリニック技術指導医
麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

【経歴】
1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2019年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師を拝命

【主な所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会