話題の「水光注射」ってどういったもの? その特徴や持続性をチェック
肌のハリの低下やくすみ、小ジワといったトラブルに悩まされている方には、水光注射がおすすめです。
水光注射とは、ヒアルロン酸を真皮内に注入して肌に浸透させていくという施術です。専用の注入機器を使ってヒアルロン酸を細かく注入できる水光注射には、肌の水分バランスを整えて潤いをアップさせる効果が期待できます。今回は水光注射に期待できる効果や、水光注射の持続性について紹介します。

韓国発の「水光注射」ってどんなもの?

美容意識の高い韓国の女性は水光注射に高い関心を示しています。韓国発の水光注射は、透明感が高く内側から光り輝くような「水光皮膚(ムルガンピブ)」を実現するための施術なのです。特に、韓国の女優やモデルの間では、定期的に水光注射の施術を受けるのはもはや常識といわれています。

水光注射は即効性が高いのが魅力

水光注射の魅力は、肌にヒアルロン酸を直接注入するため即効性が高いという点にあります。粒子が細かい非架橋型ヒアルロン酸を使うため肌への吸収が早く、施術直後に肌質の改善を感じる方も少なくありません。
水光注射は麻酔を使うため痛みが少なく、施術後のダウンタイムが少ないという良さもあります。肌への負担が少なくトラブルに効果的に作用してくれる水光注射は、手軽に肌質を改善したい方やナチュラルな仕上がりを求める方におすすめです。

水光注射にはどんな成分が含まれる?

水光注射には、ヒアルロン酸をはじめとしたさまざまな成分を使います。各種ビタミンやアミノ酸、プラセンタやコエンザイムといった成分を取り入れることで、みずみずしい弾力のある肌へと導きます。
水光注射の施術を受けるときには、肌の悩みや得たい効果についてクリニックでじっくりと相談するのがおすすめです。肌の状態を見極めた上で、最適な成分を選んで注入することが、肌質の改善につながるのです。

水光注射には肌の再生力を高める力も

ヒアルロン酸は個人差もありますが2ヶ月程度で体内に吸収されていきます。そのため、水光注射の施術は数ヶ月に1回といったスパンで継続していく必要があります。しかし、水光注射を繰り返すうちに、肌の内部ではコラーゲン繊維やヒアルロン酸が再生されやすくなるという変化が起こるものです。
水光注射には、単にヒアルロン酸を注入するだけではなく、肌のコラーゲン生成を促進し、肌細胞の再生力を高める効果が期待できます。自己生成されたコラーゲン繊維が、真皮内に注入したヒアルロン酸と結合すると、自然に効果の持続性も向上するのです。

水光注射とは、肌に負担がかかりにくい施術で潤いやハリを手軽に手に入れられるのが魅力の施術です。みずみずしくつややかな肌質をキープしたいというのは、全ての女性に共通する願いといえるでしょう。肌のお悩みを抱えている方は、有効成分を注入して肌本来の美しさを引き出していく水光注射の施術をぜひ試してみてくださいね。


≪~この記事関連のおすすめメニュー~≫
≫水光注射
潤玉水光注射

おすすめコラム

■目指せ若見え!顔たるみの改善方法

■毎日の積み重ねが大事!目の下のたるみに効果的な3つのエクササイズとは?

■これってもしかして・・・ほうれい線?たるみ改善でフケ顔を撃退!



■フィラークリニックのエイジングメニューは>>こちら

これまで治療が難しかった目元の薄い皮膚でも、皮膚を切開することなくしわ・たるみを改善します。メスを使わない治療であり、しかもダウンタイムがなく、目の周りのしわに効果を発揮。これまで難しかった目の下の細かいしわの改善にも効果が期待できます。


  • お友達登録やフォローいただくとお得な情報が届きます♪

FEATUREフィラークリニックの特徴

①低コスト

  • 専門クリニックだから余計なコストを削減して低価格で施術を提供します。

②熟練した医師の技術

  • ヒアルロン酸やボトックスは、薬剤の種類も注入する技術も異なります。当院は顔だけに特化することで、医師の技術力を高めています。

③豊富な種類の薬剤

  • ヒアルロン酸は特に、硬さ柔らかさ、麻酔入り、持続性や成分の違いで多種多様。ドクターと相談の上、お客様自身にお選びいただけます。

④手軽に通える

  • ネイルサロンや美容室に通うように手軽に施術を行えます。

⑤安全性

  • フィラークリニックでは溶解されないヒアルロン酸の取扱はしておりません。また、常に数種類の溶解剤を用意し万が一の場合にも備えております。

⑥アフターケア

  • 治療後にご心配な事があれば患者様専用の相談LINEにて相談を承ります。なお、検診については無料で承ります。

このページの監修医師

院長プロフィール

フィラークリニック技術指導医
麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

【経歴】
1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2019年4月 慶應義塾大学医学部 非常勤講師を拝命

【主な所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会